ブログのふろく

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011年度Jクラブ経営開示資料

<<   作成日時 : 2013/01/19 07:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

単位は全て[百万円]
鹿島のPL


2011年は鹿島の成長が止まりました。
3億円以上の減収であり、営業利益は約2億円のマイナスとなりました。赤字決算は2007年以来、5年ぶりです。
震災の影響があり入場者数は減少しましたが、クラブに対する積極的な支援が行われ、広告料収入、入場者収入は増加しています。
クラブハウス、練習場の補修費として4600万円を特別損益も計上しました。

クラブは将来を見据えて、2011年10月1日には、2041年に50周年を迎えるまでの経営ビジョン「KA41」を発表しています。
http://www.so-net.ne.jp/antlers/spl/20th/ka41.html

今の社長になってから、「こういうクラブになりたいんだ」っていう情報発信をしてくれるようになりましたよね。鹿島の経営ビジョンは興味を持って見る人にとっては目指している場所が分かり易くなりました。

チーム強化の面も、自分たちが何を目指しているのか、いつでも戻って確認出来る場所、もっと大方針を打ち出していく必要があるかと思います。
http://www.so-net.ne.jp/antlers/clubs/club_profile.html
http://www.so-net.ne.jp/antlers/academy/index.html
http://www.so-net.ne.jp/antlers/news/release/12729



J1クラブ営業収入ベスト5
Jリーグでは40億円以上の収入があるクラブがビッククラブと呼ばれています。G大阪は2010年に続いて収入が40億円を下回り、ビッククラブは3つのままでした。


J1クラブチーム選手スタッフ人件費ベスト5


J1クラブ繰越剰余金がマイナスなクラブ上位


J2クラブ営業収入ベスト5


J2クラブチーム選手スタッフ人件費ベスト5


J2クラブ繰越剰余金がマイナスなクラブ上位


2012年2月1日には、「Jリーグクラブライセンス交付規則」が運用開始となり、クラブライセンス交付第一審査機関(FIB)によってJ1クラブライセンスが33クラブ、J2クラブライセンスが8クラブに交付されることになりました。Jクラブの財務体制強化だけでなく、スタジアムや練習場の設備施設、人事組織、法務組織など56項目に及ぶ評価項目があります。

広島は上記にあるように20億円を超える累積債務がありましたが、これを解消するために資本金21億円を99%取り崩した上で債務償還に充てました。さらに新たに第三者割当増資により2億円増資する措置を決定しています。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2011年度Jクラブ経営開示資料 ブログのふろく/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる