ブログのふろく

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011年Jリーグ観戦者調査

<<   作成日時 : 2011/02/11 15:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010年観戦者調査の結果が発表されました。スタジアム観戦者の平均年齢は38.2歳で、昨年より0.9歳上がっています。

鹿島の調査日は、9/18(土)大宮戦。キックオフ15:03。天気は晴れ。京成成田駅直行バス運行日。
入場者数14,199人。調査票配布数412、有効回答411。ホームクラブ応援者368。

開催イベント
◆敬老の日スペシャルデイ:ホームタウン在住の65歳以上の方、65歳以上のファンクラブメンバーの方は無料、茨城県在住の65歳以上の方は1,000円優待
◆フレンドリータウンデイズ「日立市の日」:日立市在住、在学、在勤の小中学生、65歳以上の方・ファンクラブ会員は無料。日立市在住、在学、在勤の一般者は1,000円優待
優待は、1B指定席あるいはサポーターズシート

◆日清食品カップヌードル39th&アニバーサリー記念企画
「カップヌードル」と「特製ポケットスケジュール」を先着10,000名様限定でプレゼント。

◆住商フルーツPRESENTS「甘熟王」バナナプレゼント
バナナの王様「甘熟王」。1,500本の甘熟王バナナをプレゼント。

◆AKAKURA オフィシャルシューズ販売会
◆いばらき観光物産展
◆試合開催日スペシャルグッズしかお、しかこぬいぐるみ

◆フリークス公開取材は、川俣慎一郎

試合は、マルキーニョスのハットトリック 3-0で勝利しました。



調査結果

【性別】
J1で女性比率の高いクラブは浦和(49.9%)、横浜FM(47.5%)、磐田(46.3%)、仙台(43.0%)で、鹿島は5位です。


【回答者の年齢】
平均年齢は、37.7歳。昨年より1.3歳上がっているのですが、調査時期やイベントは同じようなものでしたので、入場者年齢は対戦カードの影響が大きいのかもしれません。
リーグ平均は、38.2歳でした。
平均年齢が高いクラブは上から札幌(44.3歳)、新潟(43.5歳)、北九州(42.5歳)。平均年齢が低いクラブは下から、横浜FM(34.7歳)、名古屋(35.1歳)、G大阪(35.4歳)です。


【前年シーズンの観戦回数】
J1平均は12.3回。鹿島は11.7回(前年度比プラス1.8)
対戦カードに拠らず観戦に来る人は、やっぱり観戦回数も多いです。それでもリーグ平均には及ばず。
鹿島ホームゲームの観戦者は意外とリピーターが多くないようだ、という結果です。


【当日の同伴者数】
リーグ平均は2.9人(前年度比マイナス0.1)。鹿島も2.6人(前年度比マイナス0.4)


【スタジアムまでのアクセス時間(片道)】
リーグ平均は54.9分(前年度比マイナス2.1分)。鹿島は117.8分(前年度比プラス6.1分)
鹿島は、2008→2009でもプラス16.5分。それがさらに延びました。ホームタウン率が低けりゃ必然的にそうなる。2009年は30分以内が14.9%もあったんです・・・


J1でもっとも平均アクセス時間が短かったのは湘南(33.0分)です。J2の甲府(36.6分)、岡山(38.4分)、大分(39.6分)を含めた4クラブが40分未満という結果になりました。
60分を超えるクラブはJ1で7つ。J2は0です。70を超えるのは磐田(70.3分)と鹿島の2つになります。

【ホームタウンのある都道府県に居住している人の割合】


【居住地上位3市町村区】


ホームタウン観戦率が低いクラブ、それが鹿島アントラーズです。

ホームタウン居住者が少ないクラブは、1位が鹿島。
以下、横浜FM(65.6%)、G大阪(65.7%)、東京V(69.8%)
2009シーズンと比較すると、J1では特にG大阪(-10.1%)、清水(-8.6%)、横浜FM(-7.8%)、鹿島(-7.4%)の活動区域に居住する観戦者割合が減少しています。


【レジャーや趣味などのために、自由に使えるお金、おこづかいはいくらですか?】
リーグ平均は、33,800円。鹿島は41,800円(2009年は39,100円)。
リーグ平均ではマイナス1,700円でしたが、鹿島は柏(43,600円)に次いで2番目。観戦者平均年齢も影響していると思います。

【観戦歴】


鹿島の傾向は例年とあまり変わっていません。

Jリーグ開幕以前より観戦をしていたと回答した割合は、全体の7.5%です。広島(14.9%)、湘南(14.8%)、東京V(14.7%)、清水(14.6%)で多いです。
観戦者全体で、2003シーズン以降に観戦し始めたのは45.7%。
2010シーズンから観戦を始めた新規観戦層は7.5%です。この新規観戦層が多いクラブは、北九州(33.3%)、熊本(13.0%)です。2009シーズンに新規観戦層の多かった岡山(37.9%→7.3%)、栃木(35.9%→7.1%)、富山(34.6%→7.4%)は、いずれも、新規層の割合が低下しています。

【サポ歴】


10年以上のサポーター歴をもつ観戦者の割合が高いクラブは、札幌(68.9%)、清水(67.6%)、磐田(62.8%)、東京V(60.9%)、浦和(59.7%)、鹿島(56.8%)でした。
2010シーズンから特定のクラブを応援するようになったとする観戦者は全体の7.5%で、J1では名古屋(10.9%)、J2では北九州(39.8%)が高い割合でした。


【観戦動機[偏差値]】


「好きなクラブの応援に」で、鹿島はリーグ1位となりました。
また、「地元のクラブだから」では、鹿島はリーグ最下位になりました。(昨年は35位)



【スタジアム観戦を他の人も誘いますか】


【他の人に誘われますか】


観戦者の勧誘行動については、2010年の鹿島は消「よく誘う」のポイントが増えましたが、「時々誘う」が大きくダウンしました。「まったく誘わない」が昨年より倍加しており極的な結果となりました。
被勧誘行動については、鹿島は「よく誘われる」「時々誘われる」のポイントは例年通りリーグ平均より高いです。昨年改善した「まったく誘われない」のスコアが元に戻りました。
これが通常の姿なのかもしれません。

リーグ平均に比べて、「誘わない」けど「誘われる」のは、リーグでは鹿島だけの結果となっています。通常は「誘う」し「誘われる」あるいは、「誘わない」し「誘われない」です。


【同伴者の推移】

鹿島の同伴者数は、2008年(2.7人)、2009年(3.0人)、を経て2010年は2.6人と減少しました。


【Jリーグ情報の入手経路】


(クラブのデータは、毎年上位5つのみ公表される)

リーグ平均では、J's GOAL(32.0%)やJリーグ公式Web(26.7%)が利用されている結果となっています。
鹿島の上位5つは納得。フリークスはもはや情報を知るための手段として回答されなくなっているようです。。イヤーブックもそうだけど、見てないわけではないんだろうけどね。


【チケット入手経路】
鹿島は、シーズンチケットの割合が上昇傾向。招待券の割合は下がりました。
その他はほぼ例年通り。「インターネット」と回答された割合が、柏(18.7%)と並んで高いです。「電話」は下がりましたが「携帯電話」の回答はG大阪(4.1%)と並んで高いです。



【シーズンチケットの観戦回数】
リーグ平均は例年通り。鹿島は、「それ以外」の観戦回数がプラス1.5試合になっています。優待や勧誘イベントが多彩だしね。


【シーズンチケット購入理由】


鹿島では、「同じ仲間との応援」が増加傾向。リーグ平均を超えました。
その反面、もはや測定誤差ではなく、明白に鹿島のシーズンチケットホルダーは購入理由とし「クラブへの愛着」と答える割合はリーグ平均に及びません。
「座席の確保」のスコアが下がり、「特典の魅力」も下がっています。
スタジアムに遠いというのも理由なのでしょうが、観戦回数を見てもそうですが忠誠心とシーズンチケットは鹿島の場合、リーグ平均より相関が低い。鹿島のシーズンチケットとは安価が最大の魅力、そういう類いのものになって認識されているといえます。

「クラブへの愛着」「席の確保」が共にリーグ平均以下なのは、鹿島の他には広島、京都、徳島、北九州、草津、富山です。、「個別に買うより安いから」は名古屋に次いで2位です。



2010年は、
「チケットに関する情報の入手経路」
「チケット情報の得やすさの満足度」
「チケット購入手順の満足度」
の調査はありませんでした。




Jクラブが所属するコミュニティとの関係についての調査として、クラブ、選手、サッカーについてのホームタウンの評価質問4つが2009年から新設されています。

【ホームクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている】


【Jリーグクラブは、それぞれのホームタウンで重要な役割を果たしている】


【サッカー選手は、社会の規範として重要な役割を果たしている】


【サッカーは、若い人たちの生活に、いい影響をあたえることができる】


地元観戦者率が低いんだから、地元じゃない人が、クラブと地元とのコミュニティ関係について重要な役割を果たしている、大きな貢献をしていると評価して回答しているわけです。

地元の人ではなくとも鹿島の試合に行く人は、鹿島で育ったとか茨城で育ったとか、または何らかの関係があるから鹿島を応援してスタジアムに通っている人が多いのだろうと推測します。だから、ホームタウンの日を止める必要は全然無いと思うけれど、これだけ遠方者が多いのだから、その彼らに報いる施策をけっこう本気で考えても良い時期に来たのではないか?つくばに本格的にクラブ施設を作るならば、遠い人がまた増えるでしょう。

他のクラブの倍の時間をかけて通っている多くの人たちに支えられているんだもの。4連覇目指して優勝争いをしている中でこの結果。近くて来ない人はもはや過剰なサービス対象になり得ない。。。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2011年Jリーグ観戦者調査 ブログのふろく/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる